会社設立に際して

一時期と比較して、会社設立に際して法的にクリアすべきハードルが格段に低くなった今日は、起業を目指す個人あるいは団体にとって、非常に好都合な追い風が吹いている環境と捉えられます。最低出資金額は大幅に引き下げられ、株式会社設立時に名を連ねねばならない役員の人数など、かつてこれらの条件がネックで会社設立を断念せざるを得なかった経験をお持ちの方々からすれば、時代が恨めしいと感じられるかも知れぬ程、会社設立なる経済社会に於けるアクションが、ある意味身近な選択肢となっています。

ですが誰もが好き勝手に自らが構成し率いる団体もしくは事業体を「会社」と謳う事は当然許されず、然るべき手続きを踏み、晴れて法人組織として認可されない限り、会社としての経済活動やそれに伴う税金面の恩恵などを受ける事は叶いません。あくまでも「金額」「規模」の部分の条件が緩和されたに過ぎず、会社としての認可に際してクリアすべきハードルは、時代を問わず不変である事実をご解釈してはなりません。そして何よりこの一連の作業は複雑かつ多岐に及んでおり、未経験者が全てを独力で対応しようとすれば、時に想定外の時間労力費用面のロスが生じてしまうリスクが否めないのも事実です。ここではより円滑かつ確実に会社設立作業を完了すべく、会計事務所が実施している会社設立代行サービスに着目から、会計事務所との接点を早い段階で構築しておくメリットなど、全ての起業家の皆様にチェックいただきたい内容をお話させていただきます。