多忙な日々の中で

結論から申せば、会社設立すなわち法人登記手続きの一切を、専門知識あるいは経験値を有する第三者に一切協力を仰ぐ事無く、全て自分自身で完了する事は勿論可能です。手続きに際しての詳細を解説した書籍やインターネット上の配信など、事前確認に窮さぬ環境は十分整っており、何より全てを自ら実践する経験値は、確実に自身の知識となり、起業から更に自組織を大きくするなど、経営者として次なる展開を視野に入れるに際しても、確実に役立つに違いありません。

ですが私達に与えられた時間は1日24時間、誰もが均一であり、とりわけ起業という人生を賭けた勝負のタイミングに於いては、会社設立手続きと同時進行で、時間との闘いの中、確実に為すべき諸々が山積していて当然です。全てを抱えてしまった結果、青写真通りに作業が進まずタイムテーブルに後方修正が生じてしまえば、大切なスタート段階の手前でエンスト状態となり兼ねません。更に忙しさの中で見落としがちなのが、起業に手間取る間に積み重なる、意味のない費用面の負担です。然るべき第三者に委ねるべき部分は一任する事で、結果初期費用負担を抑えた上で迅速確実な会社設立が叶ったケースは数え切れず、こちらの選択肢も視野に捉え、そのメリットを理解しておいて損はありません。